TLC(生保協会認定FP)会 トータル・ライフ・コンサルタント会

会員専用ページ 
TLC会ご紹介 入会のご案内 会誌最新号の記事 部会活動予告・報告 会員検索 お問い合わせ
TLC資格とは
ホーム  >  TLC会ご紹介 - TLC資格とは

 TLC会ご紹介

 TLC会会長挨拶
 TLC資格とは
 TLC会とは
 TLC沿革
 組織図
 本部役員紹介
 アクセスマップ

 TLC資格とは

現在、生命保険業界の共通教育制度は、一般課程⇒専門課程⇒応用課程⇒生命保険大学課程、の一連の体系で実施されています。
図 課程の流れ

一般課程

生命保険に関する基礎知識、心構え等を修得します。

専門課程

保険販売に関連する専門知識・周辺知識の修得と、顧客ニーズへの基本的対応力の向上。

応用課程

応用力、実践力を養成し、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な全般的知識を修得します。

大学課程

応用課程試験の合格者を対象に、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な生命保険、その関連知識をより専門的なレベルで修得します。

生命保険大学課程は、応用課程試験の合格者を対象にファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な生命保険、その関連知識をより専門的なレベルで修得することを目的としており、生命保険大学課程全科目合格者で一定の条件を満たす者には『トータル・ライフ・ コンサルタント:TLC(生保協会認定FP)』の称号が社団法人生命保険協会より付与されます。
生命保険大学課程のカリキュラムは次の6科目です。

  1. ファイナンシャルプランニング
  2. 個人保険商品研究
  3. 資産運用設計(金融商品・不動産)
  4. 生命保険と税・相続
  5. 隣接業界の商品と社会保障
  6. 企業保険商品研究

現在の生命保険大学課程の沿革は、財団法人生命保険文化研究所主催、大阪生命保険協会協賛により、「専門外務員講座」として大阪においてスタートしたのが始まりです。この講座は、アメリカの生命保険外務員大学(ACLU:American College of Life Underwriters)を参考に、生命保険営業職員に専業職業人たるにふさわしい知識、教養を学習する機会を与えるために開設されたものです。その後、昭和41年(1966年)に「生命保険外務大学課程」と改称、昭和42年から東京においても同様の講座が開設されました。当時の講座科目は次の8科目でした。

  1. 約款と保険商品
  2. 企業向け商品と社会保障
  3. 生命保険市場論
  4. 販売活動と販売技術
  5. 家庭の法律と財産税
  6. 家計管理と資産対策
  7. 家計と税・企業と税
  8. 企業診断と企業の法律

昭和44年(1969年)、東京・大阪でしか受講できない状況を改め、全国的拡大を図ることとし、運営は生命保険文化研究所の所管から社団法人生命保険協会に移管されました。称号については、『認定生命保険士』とされ、全8科目合格者の中から会社推薦により、当時の大蔵省銀行局保険部長・生命保険文化研究所理事長および生命保険協会会長の三者で構成する「称号認定委員会」から称号が付与されました。

平成4年度に教育制度が改正されたことに伴い、「生命保険外務大学課程」は「生命保険大学課程」に改称され、称号も『認定生命保険士』から現在の『トータル・ライフ・コンサルタント:TLC(生保協会認定FP)』に改称されました。

関連情報

 TLC会入会のご案内

  ご入会申込書(PDF 94KB)

Get Adobe Reader PDFを閲覧するには、「Adobe Reader」がインストールされている必要があります。左のアイコンより無償でダウンロードできます。
ページトップへ
業界リンク ご利用について サイトマップ 個人情報保護方針 Copyright (c) Association Of Total Life Consultant. All Rights Reserved.